© 2018 by Carnegie Mellon University. Tepper.MBA Japanese Students
5000 Forbes Ave, Pittsburgh, PA 15213, the United States

・ 受験校:CMU, MIT, NYU, Duke, UCLA, UNC, Emory, IESE, HKUST, Cambridge
・ 合格校:CMU, UNC, Emory, HKUST
・ 性別: 【男性】
・ 出願時年齢: 【26歳~30歳】
・ 海外経験の有無: 【~1年未満】
・ 費用: 【社費】
・ 受験した試験: 【GMAT/TOEFL】
・ 塾・カウンセラー:【AGOS】
・ 奨学金: 【未取得】
・ 留学の目的: 【スキルアップ/海外経験/ネットワークづくり】

Introduction
Q. バックグラウンドや職務経験などについて、教えてください。

政府系金融機関にて1年の支店経験の後、財務部署に5年所属し、主な業務内容は財務諸表作成、会計・税務処理方針の作成、財務分析、会計監査・税理士法人・国税調査対応を行ってきました。

Why MBA?
Q.なぜ、MBAに行こうと思ったのですか。(そのきっかけや理由を教えてください。)

大学院時代にSTeLAリーダーシップフォーラムという、10日間のサイエンス分野におけるリーダーシッププログラムに参加し、そこでハーバード大学やMIT、プリンストン大学の理系の学部・院生との交流を通じて彼らの自信やディスカッションの強さに触れ、将来彼らと同じ舞台で仕事ができるような科学者もしくはビジネスパーソンになりたいと思い、そのギャップを埋める方法としてその頃から米国への留学、特にMBA取得に思いを馳せるようになりました。

 

Q.留学の目的や活動予定について教えてください。
留学の主な目的は2つ、英語圏でのビジネススキルの向上とケーススタディを通じた定量的経営意思決定方法の獲得です。

Q.留学後のビジョンを教えてください。 
チームを率いて自ら方向性を見出し、自らの意思決定で収支をコントロールする役割を担いたいです。

Preparation for MBA application

Q.MBAを考え始めてから、実際に受験するまではどのようなスケジュールで準備をしましたか。

2013年
12月:準備開始
TOEFL 64点(1回目)

2014年
1月 アゴスのTOEFLコース受講開始(月2~3コマ)
2月 TEOFL 74点(2回目)
3月 TEOFL 85点(3回目)
4月 社費選考申し込み
5月 アゴスのGMATコース受講開始(月1~2コマ)
TOEFL 87点(5回目)
社費選考合格
6月 アゴスのResume、Essay、Interviewカウンセリング開始
7月 TEOFL 98点(6回目)⇒その後月に1、2度受験するも約半年の低迷
TEOFLコース終了
アゴスの夏祭りに参加し、在校生・卒業生との面談開始(以降学校説明会にも参加)
8月 GMAT 610点(1回目)
Resume完成
GMATコース終了
9月 GMAT 610点(2回目)(受験会場の帝国ホテルで涙した)
Essay作成開始
11月 GMAT 650点(3回目)⇒出願スコア
12月 TOEFL 102点(15回目)⇒出願スコア

2015年
1月 CMU, MIT, NYU, Duke, UCLA, UNC, Emory, IESE, HKUST出願
アゴスの面接練習
面接:CMU(スカイプ)
GMAT 670点(4回目)⇒再提出
2月 面接:UNC(卒業生), Emory(来日したアドミ), IESE(日本アドミ)、HKUST(来日したアドミ)
HKUST合格
GMAT 660点(5回目)
3月 Cambridge出願
IESEのアセスメントデーへの参加でスペインへ
CMU・UNC・Emory合格、Duke不合格、IESE:Waiting、
4月 MIT・NYU・UCLA不合格、Cambridge:Waiting
⇒CMU進学を決定。


Q.大学院や受験方法についての情報収集はどのようにして行いましたか。(Info session, OB/OG訪問、Campus Visitなど)
アゴス主催の夏祭りに参加したのを皮切りに、そこで知り合った方々に面談を依頼して学校を調べ始めました。QS主催の9月の合同イベントにも参加し、更に8月から12月にかけて順次開催される各校の個別イベントに参加しました。後悔したのは、自分のスコアが伸びると高を括っていたため、限られた学校の説明会やOB訪問に集中してしまったことです。10月頃からスコアの伸び悩みに焦り出して受験ポートフォリオを組み替えたため、出願校でも説明会に参加できなかった学校もありました。そういった学校は出願直前に在校生や卒業生に各校の日本人サイトから連絡し、面談を行っていただきました。

 

Q.キャンパスビジットを行った場合、実施時期や内容について教えてください。(ビジット実施校、実施時期、実施内容、訪問した人、選考においてどのような効果があったか、など)
休暇はスコアアップに振り向けたため、ビジットできませんでした。

Q.志望校はどのように選択しましたか。
ファイナンスという軸が1つと、アゴスジャパンが提供している「出願結果データ」と自らのテストスコア、また各誌のランキングを照らし合わせて費用対効果で選びました。

 

Q.スクール、カウンセラーなどはどのようにして活用しましたか。(可能であれば具体名も) 
TOEFLとGMAT対策で通いなれたアゴスジャパンにそのままお世話になり、岡田先生とクリスティーナ(既に退職)に担当してもらいました。週に1~2回のカウンセリングでレジュメ、エッセーと順次作成していきました。出願直前は最終仕上げで週に5コマくらい入れていたため、値が張りましたが粘り強くお付き合いいただき、納得のいくエッセーを仕上げることができました。

 

Q.以下のそれぞれの項目について、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
・TOEFL・IELTS(スコア(R/L/S/W)、テキスト、勉強法、受験履歴など)
TOEFL(Total 102 R27 L25 S22 W28)

アゴスジャパンのTOEFLフルコース受講⇒これが無かったら1年間の受験期間で100点を超えることは不可能だったと思います。1週間休暇の際に毎日1回TOEFL prepを実施⇒1か月に80点台から98点へと急に伸びました。
リスニング向上のために英文暗証⇒効果はわからなかったですが、総体的な英語力向上に寄与したと思います。
レアジョブやDMM.comで毎日25分のスピーキング練習⇒言いたいことが咄嗟に出てくるようになりました。

・GMAT・GRE(スコア(V/M/IR/AWA)、テキスト、勉強法、受験履歴など)
GMAT (670 V31 M50 IR5 AWA5)

アゴスジャパンのGMATフルコースを受講⇒これがなかったら1年間での受験は厳しかったと思います。
Officialガイド、アゴスの問題集、マスアカ問題集の解き直し⇒スコアアップに直結したと思いますが、他の受験生の体験談を聞くと、Y.E.Sにも通っておけばよかったと後悔しております。

その他、Verbalが27点からしばらく上がらず、試験後に落ち込んだ時はアゴスの中山先生に相談し、何度も励ましてもらいました。ひたすら問題集を解き続けるという戦略で、最後には何とか31点まで上がりました。
また、11月頃にTOEFLとGMATの点数が両方上がらず悩んでいた時、CMUの卒業生に相談したところ、「TOEFLとGMATの英語は別物だから同時に勉強してはいけない」ということでした。そこで、TOEFLの勉強・試験月とGMATの勉強・試験月を分けて行ったところ、出願直前の12月にTOEFLが100点を超え、出願後の1月にGMATが670点となりました。

・エッセー
エッセーは9月頃からアゴスで開始して、週1回程度カウンセラーと会ってネタの棚卸・ブラッシュアップをしていきました。まずは、オーソドックスなお題を出している学校から開始し、それを完成させてから順次難題を出している学校へとシフトしていきました。

・推薦状
推薦状は社費だったので、直属の部長と前部長からいただくことができました。レジュメや語ってほしいことをリストアップしてアウトラインを提示し、書き上げてもらいました。

・インタビュー
アゴスジャパン主催の数名で行う合同インタビュー練習クラスに1回参加したのと、アゴスジャパンカウンセラーのVinceと1度スカイプで練習しました。あとはDMM.comのスカイプ英会話クラスで講師に向かって練習をしました。

 

Q.MBA受験準備にかかった費用について、教えてください。 
アゴスジャパンのTOEFL・GMAT講座で100万円
アゴスジャパンのカウンセリングで90万円
TOEFL・GMAT受験料で55万円
出願料で30万円
IESEのアセスメントデー参加費:15万円
合計300万円程度

 

Q.自己PRとして、どのような内容をアピールしましたか。
職務内容は会計・税務事務等の定例業務が多かったのですが、MBA受験ではあまり評価されないということだったので、会社のイベント事に関わる業務について、どういう人を巻き込んだか、どういう専門性が必要だったか、課題をどう克服したか等をカウンセラーと相談してアレンジしていきました。強みとしては、理系の大学院出身、業界が金融、公認会計士合格というバックグランドから理系・金融・会計といった専門スキルを推していきました。またレジュメに書ける課外活動を常に意識して、機会を見つけては各種イベントに参加するようにしていました。

Preparation for MBA

 

Q.進学校の決め手は何でしたか。 
合格校の中から選択するにあたって、Alumniの日本市場での活躍や日本人卒業生の直近の就職力、自らの学びたいことに照らし合わせて決めました。また、その過程で各学校の在校生・卒業生、ヘッドハンター、留学カウンセラーから情報をいただきました。

 

Q.MBA留学にあたって、必要費用はどのようにして調達しましたか。
受験準備費用は自らの貯金です。

 

Q.奨学金に応募をした場合、奨学金の内容や応募方法などについて教えてください。
応募はしませんでした。

 

 

Advice and Messages

Q.失敗談や後悔していること、もっと早く知っておきたかったことなど、今後受験する方々へのアドバイスがあれば教えてください。
想定していた通りにスコアが伸びなかったため、受験校について当初から幅広く情報収集しておくべきだったと後悔しております。特に7月のアゴス主催の夏祭りは貴重な機会ですので、その頃までにある程度幅の広い受験校ポートフォリオを作成しておくと情報収集をスムーズに行えるのではないかと思います。
また、出願校数ですが、各学校で毎年日本人の合格者数が増減します。どの学校に日本人ブームが来るかわからないので(その逆もまた然り)、出願資料の質を落とさない範囲内でなるべく多くの学校に出願することをお勧めします。

 

Q. 一言メッセージ
MBA受験は想像を絶する辛い日々でしたが、家族、職場の方々、アゴスジャパンの支えで何とか乗り切ることができました。少しでも多くの周囲の方を味方につけて、ご自身の夢を叶えてください。