・ イニシャル:Y.T

・ 性別:女性
・ 出願時年齢:~25才
・ 海外経験:8歳まで上海、大学時代に1か月ずつドイツ・アメリカに短期留学
・ 費用:社費

 

 

1. はじめに(バックグラウンド)

 経済学部を卒業後、官公庁にて約二年勤務。

 

 

2. Why MBA

 ・コーポレートガバナンス関連の施策に関わった際、行政官としてコーポレートファイナンス等を体系的に理解する必要性を感じたため。

 ・フィンテック企業の台頭や行政のデジタル化が叫ばれる中、テックへの理解が必要だと感じたため。

 

3. Why Tepper

 ・職場でデータ分析をする機会が多いため、Analytical skills が身につくのが魅力的だった。

 ・CMUはもともとコンピュータサイエンスに強く、Tepperにもテック出身の生徒が多い+授業も充実しているため、テックを学ぶには良い環境だと感じたため。

 

4. 受験プロセスの概要 

 2019年2月:庁内選考合格

 2019年3月:TOEFL 91点。(もともとIELTS7.0を持っていたが、US校での汎用性を考慮してTOEFLにシフト。しかしこの後、90→97と伸び悩む)

 2019年7月:4回目のTOEFLにて101点獲得。

 2019年9月:GMAT対策開始

 2019年10月:GMAT初受験(600点しか取れず絶望する)

 2019年11月:TOEFL出願スコア獲得(102)

 2020年1月:5回目のGMATで650、出願スコア更新

 2020年1月:2nd Roundで複数校に出願

 2020年2月:US複数校でInterview

 2020年3月:Tepper合格、進学決定

 

5. TOEFL/IELTS

 特に予備校には通わず、TOEFLの過去問や単語帳、中国サイトのTPO等を活用しました。スピーキングについては、テンプレートをあらかじめ用意して、後は時間内にいろんな事柄について答えられるよう、練習するといいと思います。

 

6. GMAT/GRE

 GMATは濱口塾のオンライン講座を利用しました。正直のところ、一周もできておらず、結局Verbalが27止まりでしたが、濱口先生によると、SCはちゃんと理解していれば8割は取れるそうです。Mathは、中学受験をしていたため、特段何も準備しないでいたらずっと48止まりでしたが、1月に駆け込みでマスアカの中川先生に相談しながら2週間対策したところ、50点取れました。おすすめです(もう少し早めに対策するべきだとは思います)。

 

7. レジュメ/エッセイ 

 濱口塾の添削サービスを活用し、年末年始で4校に出願しました。実質1週間でエッセイを書きあげるという荒技をサポートしてくださった先生方には感謝してもしきれません。なお、周りの方に多大な迷惑をかける&精神衛生上非常に良くないため、まったくおすすめはしません。

 

8. 推薦

 職場の上司2名に依頼しました。

 

9. インタビュー

 インタビュー対策は、Matthew と6時間程練習しました。それぞれの学校のインタビューの特徴や対策、いかに分かりやすく伝えるかを教えてくれるので、大変参考になりました。

 

10. 最後に

 受験を始める段階で、色んな先輩に早めに準備をしたほうが良いといわれましたが、本当にそうだと思います。(どうか私を反面教師にしてください。。)仕事をこなしながらの受験は大変だと思いますが、受験仲間を見つけたほうが、良い刺激にもなるかと思います。

 皆様の受験を心より応援しております。

© 2018 by Carnegie Mellon University. Tepper.MBA Japanese Students
5000 Forbes Ave, Pittsburgh, PA 15213, the United States