• teppermba

ピッツバーグでの自動車運転/購入について

こんにちは。2年生のPWです。今回ピッツバーグでの自動車運転に

ついて記載していきます。運転や車購入を検討している方、ご参考になれば嬉しいです。

ピッツバーグではバスを使った交通網が発達しているため、留学中に車は必須ではないと言

えるものの、やはり車社会のアメリカなので、運転できれば生活のクォリティがかなり

上がります(特に家族帯同の場合)。運転免許の取得も日本と比べてだいぶ簡単だと思

うので、日本の免許を持っていない方、ペーパードライバーの方でも、是非チャレンジ

してみてください。


アメリカで車を保有したい方は以下の二つに大別されるかと思います。


最初は「日本運転免許を所持している方」です。

渡米する前に、国際免許を取得したら、すぐにアメリカで運転可能です。(有効期限は

一年)この辺の情報はネット上にはたくさんあると思うので、ここでは割愛します。


次は「そもそも運転免許持っていない、アメリカで取得したい方」です。

日本の運転免許を持っていない人は少ないと思いますが、当方はその一人です。1年次

の後半(1月)アメリカで運転免許を取得しようと決意しました。以下の流れで約1ヶ

月を掛けて免許を取得しました。

1. Social Security Denial Letterを取得

・申込用紙:SS-5のPage 5

・Cover Letter

・必要書類:Passport、I-20、Visa sticker、(コピーでOK)

・提出先:Social Security Office. 6117 Station St., Pittsburgh, PA 15206 (郵送

or 入口でdrop-off)

・ 納期:問題なければ、約1週間後にDenial Letterが郵便で自宅に届く。

2. 健康診断(英:Drivers physical exam)

・CMUのクリニック(無料)、もしくはピッツバーグ市内の内科病院

・Learner’s Permit申込用紙「DL-180」の裏に検診結果の記入と医師のサイン

が必要。

3. Knowledge Testの自習

・PA州の交通ルールを勉強

・公式eテキスト( https://bit.ly/3elXvbd )

・公式アプリで模擬試験を練習(https://apple.co/3AJqeOz)

4. Learner's Permitを取得

必要書類:

・SS Denial Letter現本

・Passport現本

・I-20現本

・I-94印刷

・ DL-180申込用紙(健診医師サイン済)

・ 住所が確認できる書類2通(公共料金、携帯、Internetの請求書、等)

申込当日:

・ 上記書類を持参し、DowntownのPennDOTに行き、書類提出(予約不要)

・ 視力試験を受ける(Penn DOT内で)

・ PennDotでKnowledge Testを受験。PCで行う。全部18問、15問以上正解で

合格(時間無制限)

・ 費用:約$25(Credit/Debit Card)

・ 納期:問題なければ、その場で紙のLearner's Permitを発行頂ける。

5. Driving Lesson & Road Test

・ 友人の車を借りて、PennDotの公営Test CenterでRoad Test受験可能。3回ま

でRoad Test費用無料(Learner’s PermitにRoad Test費用が含まれている)

・ 運転できる人は教習所に通う必要ない、Road Test合格すれば免許取得できる

・ 公営のTest Center以外、私営教習所兼Test centerが2箇所あり、そこに政府

認定の試験官が常住している為、Road Test受験は可能。

・ 私営Test CenterでDriving lessonを受けてからRoad Testに受験するのは一番

早い。当方の場合、2週間掛けて合計6時間の実技Lessonで合格。運転ゼロか

ら習う人、パーパードライバーの方にお勧め。

・ 私営教習所兼Test Center:

Cindy Cohen School of Driving (https://drivingbuythebest.com/)  6時間

以上のLessonを受けたら、Road testは$100。(当方はここにした)

Rogers Driving School (https://www.rogersdrivingschoolpa.com/)

上記2校いずれ自宅まで送迎してくれるので、自分で教習所に通う必要な

いので、便利!

6. Driver’s License

・順調にRoad Testに合格したら、その場でLearner’s Permitに試験官が合格印

とサインをもらい、その日からアメリカで運転できるようになる。

・実際の免許証が入手するまで、合格印付きの紙Learner’s Permitが仮免許にな

り、通常通りに運転できる。

・ 1〜2週間後にPennDotからの合格通知は郵送で届き、PennDot Photo

Center(Shadysideにある)で運転免許証を発行頂く。

7. 車を入手

[購入しないが、必要な時に運転したい]:

・ レンタカー:Hertz(Shadysideに店舗あり)、Enterprise

・ Car Share:

i. ZipCar:人会必要、CMU学生で年会費$35。短時間のレンタルにおすすめ

(約$8/Hr)アメリア主要都市の公共駐車場にZipCarが止まってあり、ア

プリで予約、納車、完全非接触型でストレスフリー。ガソリン代もレンタ

ル料金に含まれている。予約毎に保険のオプションもあるので、安心に使

えます。私は免許取得した後にしばらくZipCarで運転練習していました

。車種の選択肢も豊富で、私はBMW X3、Subaru Outback、Kia

Soul、Honda Civic、Mazda CX-5、Honda HR-V、Volkswagen

Golf、Volkswagen Jetta、Kia Optima、等を楽しんでいました。ZipCarの

短所といえば、車の状態は運によって酷く(外傷)、汚い(車内)場合も

あります。納車時にきちんと車の状態を確認し、問題を発見したらアプリ

でカスタマセンターにクレームすると、値引きや次回使えるポイントが貰

える。

ii. Turo:車のAirBnB。個人オーナーが車を貸出する為、車の状態はいい。

長時間予約(数日〜数週間)の場合におすすめ。値段はレンターカー並み

高いが、アメリカ国内の旅行先でレンターカーが完全に予約取れない旅行

ピークシーズンにTuroにお世話になった時もあります。また、車種も様

々あり、高級車(Tesla、Porsche、等)を運転してみたい時に是非ご検討

ください。

[車を購入したい]:

・ 新車(Shadysideに主要メーカーのDealershipあり)2021〜2022年の新車

納期は約4ヶ月(同級生情報)

・ 中古車:MBA先輩から購入、ネット(CarGurus、Carvana)、Craigslist、

実店舗、等

私は実店舗で購入したので、その流れと注意点を紹介したいと思います。

物色

まず予算を決めましょう。私は新米運転手のため、そもそも高額な車を視野に入

れていません。1万ドル以内、100Kマイル以下、安全、安心、丈夫な車を中心

に探していました。車を物色する時に、主にCarGurus.comを使いました。良さ

そうな車を見つけたら、すぐ出品者に連絡し、在庫状況、Test Drive、支払い条

件などを確認していました。

結局、私はCompact Cars of Pittsburghという中小中古車屋さんで2007年式の日

本L社のセダンを購入しました。88Kマイル丁度1万ドルで、自分の条件とピッ

タリ満たせました。また、日本車なので品質的にも安心しました。

支払い条件

留学生は基本的にSSNやCredit Scoreがない為、LoanやLeaseが組めない。クレ

ジットカードも詐欺やトラブル防止の為、使えないお店が多い。(納車後、お客

さんがクレジットカード会社に車の品質問題を理由に、支払い阻止手続きをした

結果、お店側が車とお金を両失するトラブルが多いと聞いている)一部のお店で

はクレジットカード使用可能が、上限2500ドルが設定されている場合が多い。

カードが使えない場合、留学生が中古車を購入する場合基本的に現金が必要。お

店に必ず支払い条件を確認しましょう。また、ネット表示価格は基本的に車代の

みであり、それ以外に上乗せの費用(手数料、税金、等)もお店により異なるの

で、Out-of-Door priceを事前に確認しましょう。

Test Drive

運転免許証のコピーを控えた後に、Test Driveを行いました。私の場合、お店の

スタッフが同行せず、妻と二人ゆっくりドライブしました。新米運転手の私にと

っては、Test Driveで何に注意すれば良いのか正直よく分かりませんでした。と

にかくエンジンを付けた瞬間の音、走行中の静かさに感動し、この2つのことで

決めました。

第三者点検

自分は新米運転手の為、車の構造に詳しくないので、客観的に車の状態をチェッ

クもらうため、Lemon Squadという車検会社に点検を依頼しました。スタッフ

がお店に出張し、車の全体点検を行いました。約$180で3日間以内に写真付き

の点検レポートがオンラインで発行され、大きな問題点が無いことを確認できた

ので、購入に決定しました。

購入手続き

車を引き渡す前に、お店側がお客様の自動車保険(Auto Insurance)の証明書コ

ピーを控える必要があります。保険会社はたくさんあり、人気なのは

Geico、Liberty、Progressive等。私はGeicoと契約しました(年間約$1200)。

お店側からもWarranty(車の故障保証)のオプションを強くお勧めしてくる場

合もあります。必要がない場合は固くお断りすれば良いが、必要な場合は事前に

何社から見積もりを取得し、金額と保証内容を比較しましょう。15年前の中古

車を購入したので、念の為一年間保証プランを$499で加入しました。

車を購入して約半年経ちましたが、すでに約1万キロを運転してきました。夏休

みにカナダ、クリーブランド、ワシントンDC、ニューヨーク等へロードトリッ

プをして、最高なドライバーズハイを満喫しました。

是非、機会があれば、車でアメリカの色んな所へ行ってみてください!